シータの庭

シータヒーリングを通して、創造主と天使から聞いた異世界やこの世のあれこれ。

天使を光に返したら…笑

こんにちは、蒸し暑い夜が続いておりますね。サラです。

 

 

暑いが故に窓を開けて換気しがちですが、お気をつけ下さい。

 

 

招かれざる客を呼んでしまうかもしれません。

 

 

虫が好きな女性は少ないかと思います。私は大の苦手です。

 

 

今回は、ウチに夏特有の虫である黒いアレ(ゴ●ブリ 略称:G)が出た時に、あんまり混乱して、守護天使であるマイケルを光に返してしまった話を書きました。笑

 

 

一見とっても滑稽ですが、私にとっては恐怖体験です。(-.-;)ーーー

 

 

時は草木も眠る丑三つ刻。

 

 

その夜、私は「何者かの気配」を感じ、目を覚ましました。

 

 

気温は低いのに、じっとりと嫌な汗をかいていました。

 

 

私は、とても嫌な気分で目を覚ましたにもかかわらず、それの存在にはっきりとは気がつきませんでした。

 

 

そして、起き上がり、目ボケまなこで無意識に「何か」を握り潰したと感じた瞬間。

 

 

恐怖のあまり動けなくなりました。

 

 

サラ:(ぎゃああああっ!!)((((;゚Д゚)))))))

 

 

それは、紛れもなく、デカ目のGでした。

 

 

どこから?!

 

 

どうやって?!

 

 

いつ私の部屋に来たのかわかりませんか。

 

 

自分のした事に吐き気がします。

 

 

が、時すでに遅し。

 

 

真夜中に死体を処理して、シャワーを浴びて自分を清めます。

 

 

なんでこんなことに!!

 

 

何で?何の思い込みがこの現実を創造したんだ!

 

 

セルフヒーリングしようとしますが、私は、頭の中のビジョンが全てGになり、心を落ち着かせることができません。

 

 

思い込みの引き抜きができないぃぃ!!

 

 

ヒーラーなのにいいいいぃぃ!!

 

 

サラ:「マイケル!私は何でこんな現実を創ったの!」

 

 

あまりの混乱ぶりに、マイケルを呼びますが、その姿まで白いGに見えるではありませんか!

 

 

マイケルはGだったのか!

f:id:sara_M:20190720134500p:image

※「ん?あれれ、なんか違うぞ」笑

 

 

サラ:「ぎゃあぁぁぁぁ!!創造主よ、マイケルを光に返しなさい!」

 

 

マイケル:「ア〜レ〜」

 

 

七層の光に吸い込まれるマイケル。

 

 

守護天使を、光に返してしまいました。笑

 

 

無数のGのイメージとともに。

 

 

※「光に返す」とは、シータヒーリング にて一度創造した思い込みや存在を創造主の元に返すことで、例えば死者の霊を光に返すと、四層(黄泉の世界)に送り込むことができます。

 

 

シータヒーリング について詳しくはこちら↓

sara-m.hateblo.jp

 

 

小一時間ほど経ち、ようやく落ちついた頃、私は七層に行きました。

 

 

七層に上った先に、マイケルがいました。

 

 

マイケル:(にっ)(^ν^)

 

 

いつものように笑顔で佇んでいます。

 

 

サラ:(そっか。マイケルはそもそも光の存在だから、光に返してもいなくはならないんだ)笑

 

 

マイケル…良かった。天使の姿で。

 

 

マイケル:「怖かったね。ほら、僕だよ。」

 

 

といって抱きしめようとしますが

 

 

だんだんとその姿がGに見えてきた。

 

 

サラは重症。笑

 

 

サラ:「むーり。無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理。」

 

 

天使のハグを拒否する人間。

 

 

結局のところ…この翌日、根本的な思い込みが解決されるまで、私はほとんど眠れず、マイケルも元の姿に戻れなかったのでした。笑