シータの庭

シータヒーリングを通して、創造主と天使から聞いた異世界やこの世のあれこれ。

天界にいたころ

こんにちは、今回は天界のお話です。

 

 

前提として、シータヒーリング の天界と転生についての考え方があります。

f:id:sara_M:20200211220830p:image

 

 

先月の風邪で寝込みながらマイケルに聞いた話です。ーーー

 

 

会社を休んでましたので、誰かに迷惑かけてないかな〜。などと考えていました。

 

 

人間として生きていたら、人様に迷惑をかけることも様々。

 

 

時には頭を下げる時も必要とされます。

 

 

ふと、天使にもそんな時があるのだろうかと思いました。

 

 

あのマイケルが誰かに頭を下げて、「すみませんっ」と謝ることはあるのか。

 

 

マイケル:「しないよー。天使はね、もっとスマートなの。」

 

 

サラ:(しないんだ…)

 

 

マイケル:「もっと精妙で、よくできてるの。」

 

 

この時、天使はエネルギーでできているので…その存在がどのようなものか、言いたいことも一目瞭然ということか?と妙に納得します。

 

 

誰かに媚びを売ることや、ゴマをすることもなく…見かけで隠せない。

 

 

つまり、その存在が見て分かるとなると、そんな腹黒さもエネルギーに現れてくるんでしょうね。笑

 

 

ふーん。

 

 

シータヒーリングでは、人は生まれる前は天界の住人であり、もともとは天使や神様だったりする…というものがあります。

 

 

全く記憶にないけれど。こんな私も天界にいたのです。

 

 

マイケル:「サラはこんな感じだったよ〜」

 

 

マイケルが天界での私のイメージを伝えてくれるようです。

 

 

サラ:「おおっ、どんな…❓」

 

 

私はこれでもお花の精ですからね。

 

 

綺麗な女神か、妖精のような🧚‍♀️可愛い存在だったのではないかしら。

 

 

うふふ。期待が膨らみます。

 

 

で、教えてくれたイメージはこちら。

 

 

 

f:id:sara_M:20200211221851p:image

…想像と違うっっっ!

 

 

いや、街にこんな人いたら絶対に目を合わせないよ。天使だとしても。

 

 

サラ:「ま、マイケル君、これはネタだよねっ(^_^;)」

 

 

事実と認められないサラ。このチャネリングはミスだと決め込む。笑

 

 

しっかりと集中して、七層に繋がり、もう一度マイケルに聞いてみる。

 

 

サラ:「ま、マイケル君、私の天界での姿はどんな…」

マイケル:(間髪入れず)「こんな感じ〜」

 

 

f:id:sara_M:20200211221934p:image

…ブレない。

 

 

現世との差がありすぎる気がしますが。

 

 

身長150センチのOLである、今の私とはほど遠い。

シータヒーリング で起きることはいつも想定外だと改めて知りました。笑