シータの庭

シータヒーリングを通して、創造主と天使から聞いた異世界やこの世のあれこれ。

天界にいたころ(創造主編)

前回、天界での自分の姿を見て、理想とのギャップがありすぎたため、わたしは驚きのあまりそれを信じることが出来ませんでした。

前回の記事こちら↓

sara-m.hateblo.jp

そして今回はその真意をマイケルとのチャネリングではなく、創造主に聞いてみることにしました。ーーー

 

 

しっかりと七層に繋がり、創造主に聞いてみます。

 

 

サラ:「創造主、マイケルが見せた天界での私のイメージは本当の私なのかしら」

 

 

創造主:「だいぶお気に召さなかったみたいだね。笑」

 

 

さすが創造主、お見通しですね。マッチョ過ぎる自分に引いているのです。

 

 

創造主:「あなたは力強い。そう、まるで街を支配するギャングのように。

 

 

いやいやいや…

創造主、ギャングって。

 

 

サラ:「力強さの表現、他にないのかな。(^^;)」

 

 

創造主:「あなたの力強さは、毒にも薬にもなる。そしてそれは周りに大きな影響を与える」

 

 

サラ:「へぇ…」

 

 

つまり、力を良い方向に使うことが大切なのですね。

 

 

私のエネルギーがこんな性質なのですね。

 

 

マイケルと一緒に天界でいたであろう時を思い浮かべてみます。

 

 

強面のサラと笑顔のマイケル。

 

 

…なんだろう。この不公平感は。笑

 

 

サラ:「…マイケルの方が、モテただろうね。」

 

 

マイケル:「そんなことないよっ、強い男のほうがモテるよ‼️」

 

 

懸命に励ましてくれます。

 

 

いやもう、この際、モテるかどうかはどうでもいいけどね。

 

 

更に輪をかけてどうでも良いことですが、現世でこの感じだったら、私はまずヒーラーにはなってないだろうし、万が一ヒーラーになったとしても、…をマンガにしました。

 

f:id:sara_M:20200216114045p:image

f:id:sara_M:20200216114832p:image

f:id:sara_M:20200216115019p:image

 

f:id:sara_M:20200216120343p:image

 

やっぱり、現世は今の姿で良かったと思う。

お後がよろしいようで。