シータの庭

シータヒーリングを通して、創造主と天使から聞いた異世界やこの世のあれこれ。

例えあなたがアイドルでなくても

こんにちは、沢山の守護天使と会話するうちに、この存在を例えるなら…熱烈なファンと似ていると感じました。

 

 

天使の存在が守護対象をどう思っているか書いてみました。ーーー

 

 

行きつけのサロンでお気に入りの方にマッサージしてもらっている時のことです。

 

 

マッサージで夢うつつの時間を過ごしていたら、自然とシータ波になっていました。

 

 

サラ:(いゃ〜、ありがたいな。なんと素晴らしいマッサージか。感謝したい)

 

 

と、そんな気持ちとともに…

 

 

ふいに、この方の守護天使が見えてきました。

 

 

守護天使:「いい子だろ?な? そう思うだろ?

そうなんだよ〜。いい子なんだよ‼️」

 

 

初老の男性、昔の東洋の医師のような格好の神様で、背後に円形の虹色(緑とピンク強め)のオーラを纏っていらっしゃいます。

 

 

どうやら、彼女を絶賛しておるようです。

 

 

サラ:「本当だね、素晴らしい方だよ」

 

 

守護天使:「しかもね、強いんだよ。どこでも生きていけるくらいに!」

 

 

サラ:「そうですか。たしかにたくましいですな。」

 

 

事実、いつも明るい笑顔で迎えてくれます。

 

そして私の全身の凝りをほぐし、強張りをなくすほど、体力と技術を備えてらっしゃいます。

 

 

時に守護天使は、こんな感じで、守護対象の方を褒めちぎってます。

 

 

他の守護天使の方のリーディングをしている時にも、何人か、この褒めちぎりタイプがおり、「いい子だろ?な?」

を繰り返して言われることがあるので、ふと、これは人間界にしたら、ぴったりの存在がいるではないかと思いつきました。

 

 

そう…

推しメンを推しまくるオタクに似ている‼️

 

 

24時間365日見守り、応援し、愛情をかけて、インスピレーションを与え、家族より長く時間を共にし、決して目立つことはなく、一方的な思いであることには違いない。

それでもそれでも…一途に愛し見守ることに徹している‼️

 

 

これはファン以外の何者でもない‼️

 

 

このことをマッサージ師さんに伝えてみます。

 

 

マッサージ師さん:「あ、わかります。なんか、誰かが導いてくれてると分かる時があるんですよ。」

 

 

サラ:「ちなみに、この方も施術ができそうな感じです。」

 

 

マッサージ師さん:「まさかの同業者?ははははは‼️」

 

 

ふむ。

 

 

最近は、守護天使と依頼者さんの傾向として、守護天使は守護対象の好むスタイルで現れてくると感じておりましたが。

 

 

職業も類似していることがあるのですね。笑

 

 

この方の守護天使の場合は、昔の薬師の神様的存在でしたので、少し違いますが、彼女が針やお灸に詳しいところなどは、かなり影響があると思われます。

 

 

生まれた頃からずっと見守り、インスピレーションを与え、育てたのですから愛情も桁外れにあるのですね。

 

 

ということで、

 

 

天使はこの世で一番あなたを推している‼️

 

 

これは間違いなさそうです。

 

 

マイケル:「きゃーーーーっ サラー‼️ 今日も頑張って〜〜👍」

「いつも側にい・る・か・ら♡」

f:id:sara_M:20200224191041p:image

【追っかけファン一号 マイケル】

推し歴⭐︎生まれる前から

推し期間⭐︎死ぬまで

サラを推す理由⭐︎永遠の関係性だから

 

 

さすがマイケル、見事なオタクっぷり!

オタゲーを極めた…人間ではあり得ないダイナミックな動き!

周りがヒクほどの応援っぷり!

 

 

は、恥ずかしい…。笑  

 

 

ということで…あなたのそばにも、こんな応援団がいます。

 

 

これでもか〜と応援しています。

 

 

今日も元気にいってらっしゃいませ  ^_^ ♫

神経の管理人と「メンディ」

創造主:「天使という言葉以外でマイケルを表現するなら、『神経の管理人』が相応しい」

 

 

こんにちは、暖かい日が続いてますね。春の訪れを感じます(^.^)

 

 

今回の記事は個人的にセッション後に起きていることを書いてみました。

 

 

あくまで個人的な感覚なので、軽い気持ちで見てくださいね。ーーー

 

 

特に奥深いセッションを受けた後、私は眠気を感じることがあります。

 

 

なぜかとろーんと、まぶたが閉じて…まどろみの中にいる感覚を感じることがあります。

 

 

また、時に就寝前に脳内の書き換え特有の現象が起きると感じています。

 

 

これは説明が曖昧になってしまうのですが

 

 

脳内が光輝くフラッシュで、眩しくなる感覚があり、まどろみの中で見ていた夢が途中で終わり、新しい夢に切り替わります。

 

 

シーンがフラッシュとともに切り替わり、そのフラッシュが何回か続いて、やっと深い眠りに着きます。

 

 

マイケルに最初に出会った時…

 

 

夢の中のブロックが運ばれているシーン。アロハシャツを着て、天使であることをアピールをするマイケル。

 

 

これは天使が不要な概念を解放していることを意味しています。

 

 

これを、マイケルは天使用語で「メンディ」と呼んでいるようです。

 

 

夢の中で、マイケルが何をしているか教えてくれた時に、その概念を教わりました。

 

 

これはメンテナンスを意味するようで、潜在意識の中の事象と事象の関連を再構築しているようです。

 

 

実作業はプログラミングに近いイメージでした。

 

 

つまり、私たちはセッション中に現実化の再創造を顕在意識と潜在意識の両方で行いますが…

 

 

それを現実的に落とし込み、自然とこの人生で再創造がおきるための調整を天使が行っているようでした。

 

 

シータヒーリング  のセミナーでは、睡眠時間の確保を重要視します。

 

 

なぜかというと、恐らく上記のことが必要だと理解されているからなのでしょうが…

 

 

シータヒーリング  という哲学を理解する、ということだけでも、相当の脳内調整が必要なのだと思います。

 

 

別の機会に創造主にこんな質問をしたことがあります。

 

 

サラ:「もし天使という概念が無いとすると、マイケルは何と表現したら良いのかな?」

 

 

創造主:「天使という言葉以外でマイケルを表現するなら、『神経の管理人』が相応しい」

 

 

サラ:「神経の管理人。」

 

 

管理できているのか…マイケル。

 

 

マイケル:「んも〜、サラのことは僕が一番分かってるんだからっ 何でも任せてっ」

f:id:sara_M:20200216194034p:image

※うふふ。と笑顔で登場。

 

 

神に経ると書いて「神経」。漢字はぴったりだなと感じます。

 

 

神経の管理人が若干おかまなマイケルである私は、相当おめでたい人生なのかもしれない…。笑

天界にいたころ(創造主編)

前回、天界での自分の姿を見て、理想とのギャップがありすぎたため、わたしは驚きのあまりそれを信じることが出来ませんでした。

前回の記事こちら↓

sara-m.hateblo.jp

そして今回はその真意をマイケルとのチャネリングではなく、創造主に聞いてみることにしました。ーーー

 

 

しっかりと七層に繋がり、創造主に聞いてみます。

 

 

サラ:「創造主、マイケルが見せた天界での私のイメージは本当の私なのかしら」

 

 

創造主:「だいぶお気に召さなかったみたいだね。笑」

 

 

さすが創造主、お見通しですね。マッチョ過ぎる自分に引いているのです。

 

 

創造主:「あなたは力強い。そう、まるで街を支配するギャングのように。

 

 

いやいやいや…

創造主、ギャングって。

 

 

サラ:「力強さの表現、他にないのかな。(^^;)」

 

 

創造主:「あなたの力強さは、毒にも薬にもなる。そしてそれは周りに大きな影響を与える」

 

 

サラ:「へぇ…」

 

 

つまり、力を良い方向に使うことが大切なのですね。

 

 

私のエネルギーがこんな性質なのですね。

 

 

マイケルと一緒に天界でいたであろう時を思い浮かべてみます。

 

 

強面のサラと笑顔のマイケル。

 

 

…なんだろう。この不公平感は。笑

 

 

サラ:「…マイケルの方が、モテただろうね。」

 

 

マイケル:「そんなことないよっ、強い男のほうがモテるよ‼️」

 

 

懸命に励ましてくれます。

 

 

いやもう、この際、モテるかどうかはどうでもいいけどね。

 

 

更に輪をかけてどうでも良いことですが、現世でこの感じだったら、私はまずヒーラーにはなってないだろうし、万が一ヒーラーになったとしても、…をマンガにしました。

 

f:id:sara_M:20200216114045p:image

f:id:sara_M:20200216114832p:image

f:id:sara_M:20200216115019p:image

 

f:id:sara_M:20200216120343p:image

 

やっぱり、現世は今の姿で良かったと思う。

お後がよろしいようで。

天界にいたころ

こんにちは、今回は天界のお話です。

 

 

前提として、シータヒーリング の天界と転生についての考え方があります。

f:id:sara_M:20200211220830p:image

 

 

先月の風邪で寝込みながらマイケルに聞いた話です。ーーー

 

 

会社を休んでましたので、誰かに迷惑かけてないかな〜。などと考えていました。

 

 

人間として生きていたら、人様に迷惑をかけることも様々。

 

 

時には頭を下げる時も必要とされます。

 

 

ふと、天使にもそんな時があるのだろうかと思いました。

 

 

あのマイケルが誰かに頭を下げて、「すみませんっ」と謝ることはあるのか。

 

 

マイケル:「しないよー。天使はね、もっとスマートなの。」

 

 

サラ:(しないんだ…)

 

 

マイケル:「もっと精妙で、よくできてるの。」

 

 

この時、天使はエネルギーでできているので…その存在がどのようなものか、言いたいことも一目瞭然ということか?と妙に納得します。

 

 

誰かに媚びを売ることや、ゴマをすることもなく…見かけで隠せない。

 

 

つまり、その存在が見て分かるとなると、そんな腹黒さもエネルギーに現れてくるんでしょうね。笑

 

 

ふーん。

 

 

シータヒーリングでは、人は生まれる前は天界の住人であり、もともとは天使や神様だったりする…というものがあります。

 

 

全く記憶にないけれど。こんな私も天界にいたのです。

 

 

マイケル:「サラはこんな感じだったよ〜」

 

 

マイケルが天界での私のイメージを伝えてくれるようです。

 

 

サラ:「おおっ、どんな…❓」

 

 

私はこれでもお花の精ですからね。

 

 

綺麗な女神か、妖精のような🧚‍♀️可愛い存在だったのではないかしら。

 

 

うふふ。期待が膨らみます。

 

 

で、教えてくれたイメージはこちら。

 

 

 

f:id:sara_M:20200211221851p:image

…想像と違うっっっ!

 

 

いや、街にこんな人いたら絶対に目を合わせないよ。天使だとしても。

 

 

サラ:「ま、マイケル君、これはネタだよねっ(^_^;)」

 

 

事実と認められないサラ。このチャネリングはミスだと決め込む。笑

 

 

しっかりと集中して、七層に繋がり、もう一度マイケルに聞いてみる。

 

 

サラ:「ま、マイケル君、私の天界での姿はどんな…」

マイケル:(間髪入れず)「こんな感じ〜」

 

 

f:id:sara_M:20200211221934p:image

…ブレない。

 

 

現世との差がありすぎる気がしますが。

 

 

身長150センチのOLである、今の私とはほど遠い。

シータヒーリング で起きることはいつも想定外だと改めて知りました。笑

情けは人の為ならず

こんにちは、サラです。

 

 

最近、タイトルの言葉の深さがよく分かってきました。

 

 

日頃に感じたことですが、お気軽にご覧になって下さい。ーーー

 

 

情けは人の為ならず

 

 

幼少時、この言葉を聞いたとき、情けは人の為にならないから、人に厳しくしろということなのか?と思った記憶があります。

 

 

意味がその逆だったので、驚きました。

 

 

Wikipediaでは、「情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、誰にでも親切にせよ」とあります。

 

 

最近になって、正にその通りだなと感じることがありました。

 

 

「だれかの為に役に立つかも」と思ってした事が後に自分の役に立つことになったり、全く無関係だと思う人からそれを評価されたり。

 

 

「やってあげすぎかな」と思っていたことも、思いもよらないところで御礼としてお返しがあったり。

 

 

シータヒーリング  では、この世のからくりを学びますが…

 

 

正に様々な存在の計らいや、タイミングで相応しい状況が起き、それに無意味な事はないのですね。

 

 

良くも悪くも自らに相応しい状況が起きる。

 

 

マイケル:「だから、皆んなに幸せを届けるって、大事だね。」

 

f:id:sara_M:20200207190304p:image

サラ:「そうだねー。」

 

 

何か見返りを求める行動や、小手先の技術を使うより、「思いやりはダイレクトに届くんだ」と感じました。

 

 

誰かの幸せを思ってした事が、できただけでも嬉しい。

 

 

でも、それが巡り巡って、遠いところからお返しが返ってくるなんて、喜びは更に倍増ですね。

 

 

そんな風に幸福が、循環する

 

 

それって幸せな生活だなぁ

 

 

…と感じました。

 

 

幸福の循環を自分を犠牲にする事なく自然とできる。

 

 

そんな自分でいたいし

そんな誰かの力になりたいなぁと感じます。

2020年の風邪はいつもと違う?

こんにちは。

以前、2020年は変化の大きい年になりそうだと書きましたが…

 

 

先週から、長らく風邪をひいてしまいました。珍しく何日もお休みして、完全にダウンしてしまったのです。

 

 

やっと調子が良くなってきましたが、今回の風邪は普通のものではないと感じ、何人かのヒーラー友達にリーディングをお願いしました。

 

 

そのリーディングの内容を聞いても、また周りの方々の様子を聞いても今年ならではの共通のテーマを感じ、創造主に何が起きているか聞いてみました。

 

 

もし、ブログをご覧の皆様の中にもお体の不調やトラブルを抱えている方がいらっしゃいましたら、参加にして頂ければ幸いです。ーーー

 

 

サラ:「創造主、今回の私の体調不良と2020年のエネルギーは何か関係があるのかしら?」

 

 

創造主:「2020年はより自分自身の行きたい方向へと自らを運ぶ後押しをする年になる。

 

 

それにより、今までの方法や、考え方が自分の理想にそぐわないという気づきももたらされる。

 

 

結果、さらにそこからより軽やかに生きることが出来る様になる。

 

 

だから、安心して良い。

 

 

今年になり、波動調整が必要であり、それが人それぞれ様々な形で起きている。

 

 

そのことが起きたあと、それが起こる前と、後を比較すると…

 

 

いくつか不要なものを捨てて軽くなっていることに気がつくかもしれない。」

 

 

 

とのこと。

 

 

ということで、今年の不調やトラブルは、何か気づきを与えているようなので、そこに気がつけると苦しみも無駄ではないと思えそうです。

 

 

気がつかなくても、変わってますので、それはそれで良いという感じでした。

 

 

マイケル:「風邪の時は、マスクして、僕の愛情たっぷりのあったかはちみつレモンをどうぞ。」

 

 

サラ:「へぇー。でも、マスクは売り切れだし、はちみつレモンはどうするの?」

 

 

マイケル:「あったかはちみつレモンはね、僕の愛情がこもってるとイメージして頂けますと、僕の愛情がたっぷり入っていくの。」

 

 

「きらきら、ふわふわ、あったか〜い!のお・ま・じ・な・い☆」

 

 

サラ:(…メイド喫茶みたいやな。)

f:id:sara_M:20200203190855p:image

 

☆マイケルのあったかはちみつレモンの作り方☆

①レモン🍋を丸ごと買ってきて、真っ二つに切る

②お湯をカップに注ぎ込み、それに半分のレモンの汁を絞って入れる

③はちみつ🍯を入れて混ぜる

④マイケルが「きらきら、ふわふわ、あったか〜い!」と言いながら愛情を注ぎ込むところをイメージする

⑤出来上がり

 

 

興味のある方はお試しあれ。

 

 

スペシャルサンクス☆

サラに波動調整のセッションをしてくださった魅惑美女のJさま。お陰様で乗り切りました!ありがとうございました。(*^o^*)

過去生の「私」

こんにちは、寒くなってきましたね。

 

 

シータヒーリング  の特徴の一つとして、過去世の思い込みを解決できる点が挙げられます。

 

 

これって、素晴らしいことだと感じます。

 

 

最近特に大切かなと思いましたので書いてみました。

 

 

過去世の自分と向き合うとき、感じたことです。ーーー

 

 

思い込みの中でも、一筋縄ではいかないと感じるものがあります。

 

 

そのうちの一つが、遺伝や過去世からの信念のような思い込みです。

 

 

その中でも、こう…ネバーっとしてる感じ。

 

 

私の場合、良く出てくるタイプがあります。

 

 

友人ヒーラーさん:「過去世の思い込みだね」

 

 

サラ:「どんな過去世?」

 

 

友人ヒーラーさん:「神に祈ってる。神職みたいだね」

 

 

サラ:(…またかぁ…。)

 

 

わたしは、つくづく「神に祈る」仕事をしてきたようです。

 

 

どうやら、人は生まれ変わっても同じような生き方、職種を選ぶ事が多い傾向にあるようです。

 

 

例えば私の場合、数学が苦手だからか、学者とか、設計士とか、建築家とか…そういうのはさっぱりありません。笑

 

 

こんな感じのが多いです↓

●教会で孤児として預けられた過去世

●お坊さんとして、村人の相談役を務めた過去世

●インディアンとしてその地を守ることを誇りとした過去世。

 

 

こんな過去世があるから、当時、自由はなかったので今世は自由に生きると決めたり、何となく人を癒すことをしているのだと思います。

f:id:sara_M:20200124190254j:image

※自分はありとあらゆる次元、存在でありえると思うと、「存在」とは無限であると感じます。

このイラストはあくまで私の潜在意識の中での私の過去世のイメージです。

 

 

どうして過去世のイメージが笑顔では無いかというと、これに気づいた時点の表情がこんな感じだからです。

 

 

「私は孤独だ〜」などのネガティブな思い込みを作った過去世のイメージとして、思い込みに付随して出てきます。

 

 

この時の自分がトラウマや、癒されたかったこと、学びきれなかったことがあると教えてくれます。

 

 

この長い魂の旅の中で彼らを尊重し、安心させ、学びを完結させることは、自分自信を最大限に愛し、力を引き出すこと。だと感じます。

 

 

もし、この一生が終わる時、何かを残せるのなら…きっと私は「何か」を私の中に残すだろうと思います。

 

 

例えば、「私は数学ができない」という思い込みとして…残るかなと。いや、これは冗談ですが。(^^;)

 

 

でも、数学が出来なかったことをトラウマにしてずっと考え込んでいるようなら…

 

 

それを終わらせてあげたいと思います。

 

 

なので、その人生で本当に欲しかったことを今を通して与えてあげることが大切だとつくづく思います。

 

 

過去生のみんなが笑顔になるまで

1つ残らず愛することができたらいいなと思います。

 

 

シータヒーリング  は、ただのツールではなくて、それ自体が愛の行為なんだな〜と感じます。